BOX

試合区分:No.112
開催期日:2018年12月11日
開始時間:18:20:00
開催場所: 大田区総合体育館
主審:鈴木 寿之
副審:山岸 大輔,市川 雄介

福岡大学 65 18 1P 18
16 2P 20
18 3P 18
13 4P 20
OT
OT
76 筑波大学

福岡大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 小林 洸太 DNP
5 山口 礼継 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1:15
6 松尾 啓輔 9 0 4 4 10 1 4 1 5 6 11 3 5 0 4 37:56
7 近藤 裕貴 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:09
11 立野 友也 DNP
12 秋山 昂平 0 0 0 0 1 0 0 1 1 1 2 0 0 0 0 1:21
14 村上 雄大 DNP
15 今村 優樹 15 1 3 5 11 2 2 3 3 2 5 2 3 1 0 32:29
17 丹 裕太郎 7 1 6 2 11 0 0 5 2 2 4 0 0 0 0 26:41
18 福山 雄大 DNP
19 濱田 秀太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:09
23 森本 勘太 15 1 5 3 5 6 8 2 1 4 5 4 2 4 0 34:25
30 太田 千尋 7 1 2 2 3 0 0 3 0 3 3 0 0 1 0 35:01
46 今林 萌 6 1 2 1 2 1 2 2 3 0 3 3 0 0 0 16:41
76 山田 幸多 6 2 3 0 2 0 0 2 0 4 4 0 0 1 0 13:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 3 0 0 0 00:00
合計 65 7 25 17 45 10 16 19 18 24 42 16 10 7 4 200:00

筑波大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
7 青木 太一 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2:17
8 菅原 暉 4 0 1 1 7 2 2 1 2 3 5 0 1 1 0 31:48
10 村岸 航 4 0 1 2 4 0 0 3 1 1 2 1 0 1 0 10:37
11 増田 啓介 13 1 4 5 9 0 0 2 2 4 6 7 2 2 0 30:24
13 二上 耀 7 0 0 3 4 1 1 3 1 1 2 3 1 0 1 15:45
14 波多 智也 DNP
15 森下 魁 20 0 0 7 10 6 8 1 2 4 6 1 2 0 0 30:59
16 野本 大智 DNP
21 仲澤 翔大 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:08
23 半澤 凌太 2 0 0 0 3 2 2 0 2 1 3 0 1 0 0 7:11
27 山口 颯斗 13 2 4 3 7 1 1 2 1 8 9 2 1 0 0 27:25
33 三森 啓右 DNP
65 玉木 祥護 0 0 0 0 0 0 0 4 1 1 2 2 0 0 0 6:41
75 井上 宗一郎 3 0 0 1 1 1 4 0 1 0 1 1 1 0 0 5:35
88 牧 隼利 10 0 1 4 8 2 2 3 1 2 3 0 0 1 2 30:10
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 0 00:00
合計 76 3 14 26 54 15 20 19 17 31 48 17 9 5 3 200:00

GAME REPORT

関東4位筑波大学と九州2位福岡大学の一回戦。両チームの意地がぶつかり合い、拮抗状態が続く。中盤以降、筑波大は一桁のリードを得るも、福岡大が外角のシュートをことごとく沈め、しぶとく食らいつく。試合が動いたのは第4ピリオド。オフェンスが噛み合った筑波大は勢いそのままに突き放しに成功。粘る福岡大を76-65で振り切り、初戦突破を果たした。

 第1ピリオド、両チームのぶつかり合いは互角な立ち上がりを見せる。筑波大#11増田が9得点をあげると、福岡大#6松尾も連続8得点とやり返す。流れはいずれにも傾かないまま、18-18で第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、筑波大が#15森下のインサイドプレイで連続得点をマークし、流れを引き寄せる。しかし、しぶとくやり返す福岡大。#30太田が外角シュートを、#72山田が3Pシュートを要所で沈めて追いすがる。38-34と筑波大がわずかにリードして試合を折り返す。

 第3ピリオド、点の取り合い守り合いが繰り広げられ、点差は大きく動かない。福岡大は#23森本、#46今林、#15今村が3Pシュートを沈めて加点すると、筑波大も#27山口、#88牧が自慢の得点力を見せつけて決め返す。56-52、筑波大リ四点リードで最終ピリオドに突入。

 第4ピリオド、筑波大のオフェンスが火を吹く。#13二上がシュートをねじ込むと、#10村岸も続いてスコア。流れに乗り突き放しに成功する。あとがない福岡大は#23森本、#6松尾に託すも、筑波大の高さに苦しみ、力尽きる。76-65で筑波大が勝利して初戦突破。



木村泰基