BOX

試合区分:No.211
開催期日:2019年12月10日
開始時間:13:10:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 Aコート
主審:岩月 遼司
副審:清瀬 未喜,山本 光太郎

愛媛大学 39 06 1P 33
17 2P 40
11 3P 41
05 4P 31
OT
OT
145 日本経済大学

愛媛大学

HC:石井 浩一
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 大西 里実 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 1 0 5:22
5 秋元 咲樹 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 6:59
6 白鳥 結香 7 1 1 2 6 0 0 2 0 0 0 3 0 0 0 17:49
7 平内 初季 5 0 0 1 4 3 4 4 2 2 4 3 0 0 0 28:18
8 西澤 舞 DNP
10 瀧川 佳穂 1 0 0 0 0 1 2 0 0 1 1 1 0 0 0 3:11
11 宮川 茉奈美 0 0 1 0 4 0 0 1 1 0 1 2 0 1 0 15:14
12 南 名菜子 DNP
13 松浦 莉子 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:24
14 對尾 亜寿香 1 0 1 0 2 1 2 0 0 3 3 4 0 1 0 30:05
15 田中 歩海 3 1 3 0 0 0 0 1 0 0 0 3 0 1 0 13:56
16 御手洗 芽生 4 0 3 2 4 0 1 4 0 3 3 6 0 0 0 30:11
17 河本 優月 7 0 2 2 2 3 4 1 0 2 2 3 0 0 1 28:55
18 能地 優佳 11 1 2 3 13 2 3 1 1 2 3 3 1 0 0 19:36
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 6 0 0 0 00:00
合計 39 3 13 10 37 10 16 14 7 15 22 38 1 4 1 200:00

日本経済大学

HC:案浦 知仁
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
00 マレム ドイ ダラーメ 18 0 0 9 10 0 1 2 3 6 9 0 1 0 0 14:04
7 木多良 菜々 11 1 1 4 5 0 0 0 0 1 1 0 2 1 0 11:15
8 境 風音 2 0 0 1 2 0 0 1 3 4 7 1 0 0 0 10:44
9 土谷 三奈未 7 0 1 2 3 3 3 2 0 0 0 0 0 0 0 9:36
10 神野 海 12 2 6 3 4 0 0 1 2 1 3 1 4 1 1 19:18
12 桑原 結衣 4 0 0 2 2 0 0 2 0 0 0 1 3 4 0 13:06
13 喜多 伊綾 9 3 8 0 2 0 0 0 1 3 4 0 0 1 0 15:06
14 栗原 颯生 14 4 7 1 2 0 0 0 0 3 3 0 0 2 0 16:47
32 山本 楓子 10 0 3 4 4 2 2 4 2 2 4 1 1 1 0 16:49
34 ニアン ンディ ・クンバ 24 0 0 11 11 2 4 1 2 6 8 1 0 0 2 13:06
35 岡田 咲恵 11 1 1 2 4 4 4 1 1 1 2 0 4 1 0 18:46
36 杉 咲里奈 11 1 2 3 4 2 2 2 0 1 1 0 3 3 0 14:31
47 西田 恵菜 10 0 0 5 8 0 0 2 1 3 4 2 4 2 0 14:40
77 清本 優菜 DNP
99 石飛 春奈 2 0 2 1 3 0 0 1 1 0 1 0 1 2 1 12:12
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 6 1 0 0 0 00:00
合計 145 12 31 48 64 13 16 19 21 32 53 8 23 18 4 200:00

GAME REPORT

四国1位の愛媛大学と九州1位の日本経済大学との1回戦。第1クォーターは6-33と日本経済大が大きくリードするが、第2クォーター開始早々、愛媛大の猛攻撃により、日本経済大は大量得点を許す。しかし、第1クォーターで得たリードを保ったまま、23-73で試合を折り返す。後半も日本経済大は#00ダラーメ、#34クンバを起点に得点を重ね、リードをさらに広げ、38-143で勝利。危なげなく2回戦に進出を決めた。


第1クォーター、序盤から日本経済大は#00ダラーメを起点に得点を重ねる。残り4分13秒、愛媛大は#18能地がフリースローを沈め、初得点。しかし、日本経済大は前からプレッシャーディフェンスを仕掛けることで、相手のミスを誘いさらに得点を重ねる。終盤、愛媛大#18能地が果敢に攻め、得点するも、6-33と日本経済大が大きくリードし、第1クォーターを終える。


第2クォーター、今度は愛媛大のリズムで試合が再開する。#18能地の3Pシュート、#16御手洗のバスケットカウント、#6白鳥の3Pシュートなどで一気に11得点を挙げる。しかし、日本経済大も黙ってはいない。#34クンバを起点に確実に得点を重ねる。お互い点の取り合いとなり、23-73で第2クォーターを終える。


第3クォーター、序盤から日本経済大#00ダラーメと#36杉、#10神野の連続得点で愛媛大に主導権を握らせない。対する愛媛大も#18能地を中心に果敢に攻めるもリングにはじかれ、得点に結びつけることができない。34-114と日本経済大が大きくリードし、第3クォーターを終える。


第4クォーター、前のクォーターで早くも3桁得点に達した日本経済大は、ベンチメンバーが出てきても攻撃の手を緩めない。#8境が体を張ったアグレッシブなプレーで攻守共に存在感を見せる。対する愛媛大も積極的にゴールにアタックするがこの点差をひっくり返すことはできず、38-143。日本経済大が2回戦に駒を進めた。

髙橋 七萌