BOX

試合区分:No.219
開催期日:2019年12月11日
開始時間:13:10:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 Bコート
主審:新井 文明
副審:中澤 美保子,五十嵐 菜美

山梨学院大学 66 13 1P 13
21 2P 21
17 3P 26
15 4P 30
OT
OT
90 日本経済大学

山梨学院大学

HC:林 五十美
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
山本 由真 14 2 9 4 8 0 0 0 0 0 0 3 1 0 1 36:47
大澤 来彩 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 5:55
6 阿部 桃夏 2 0 0 1 4 0 0 3 1 3 4 0 0 0 1 18:46
7 佐々木 純麗 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 9:00
8 丸 由梨乃 5 0 1 2 3 1 1 0 0 1 1 1 0 0 0 8:19
9 宮田 茉未子 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1:55
10 河野 真奈 DNP
11 上原 ひかり 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:09
12 髙木 志歩 3 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8:16
13 北越 春香 8 1 2 2 8 1 2 4 1 1 2 0 1 0 0 15:38
14 山本 美空 0 0 0 0 2 0 0 2 0 2 2 5 3 0 0 31:00
15 石川 明日香 4 0 2 1 2 2 2 2 1 2 3 0 0 0 0 6:54
16 橋口 樹 21 0 0 9 19 3 3 3 3 5 8 0 1 0 0 34:49
17 山本 千加 2 0 0 1 3 0 0 2 1 2 3 0 0 0 0 3:38
18 浅野 瑛菜 2 0 0 1 3 0 0 2 0 3 3 1 0 1 0 14:54
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3 0 0 0 0 00:00
合計 66 5 19 22 55 7 8 19 10 20 30 11 6 2 2 200:00

日本経済大学

HC:栗浦 知仁
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
00 マレム ドイ ダラーメ 16 0 0 5 10 6 11 1 1 4 5 2 2 0 1 16:04
7 木多良 菜々 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:27
8 境 風音 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:28
9 土谷 三奈未 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:28
10 神野 海 9 1 4 3 7 0 0 0 2 0 2 2 1 0 0 23:45
12 桑原 結衣 5 0 0 2 4 1 4 1 0 4 4 1 4 1 0 36:22
13 喜多 伊綾 6 2 7 0 1 0 0 0 2 3 5 3 0 0 0 28:28
14 栗原 颯生 3 1 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:46
32 山本 楓子 2 0 2 1 3 0 0 1 1 2 3 0 0 0 1 13:15
34 ニアン ンディ ・クンバ 21 0 0 9 13 3 4 1 6 13 19 4 0 2 2 23:28
35 岡田 咲恵 9 1 1 3 7 0 0 3 2 3 5 0 2 2 0 27:50
36 杉 咲里奈 19 3 7 4 6 2 2 2 3 3 6 1 1 1 1 25:12
47 西田 恵菜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:28
77 清本 優菜 DNP
99 石飛 春奈 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0:59
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2 6 2 0 0 0 00:00
合計 90 8 23 27 53 12 21 11 21 35 56 15 10 6 5 200:00

GAME REPORT

関東8位の山梨学院大学と九州1位の日本経済大学の2回戦。第1クォーターは両者堅いディフェンスに苦戦し、同点で終わる。第2クォーターはディフェンスの堅さに加え、さらにオフェンスにも熱が入り、再び同点に終わる。第3クォーターからは日本経済大の3Pシュートが決まりだし、一気に点差を広げる。第4クォーターは日本経済大のインサイド陣が活躍をし、最終スコア66-90で日本経済大が勝利し、3回戦への切符を獲得した。



第1クォーター、ジャンプボールを制したのは日本経済大。日本経済大は、#00マレム、#34ニアンがリバウンドなど、ゴール下で大きな存在感を見せる。対する山梨学院大は、日本経済大のインサイドを封じるためにゾーンディフェンスを組む。互いに堅守し合う展開となり、第1クォーター 13-13同点で終了。


第2クォータ-、山梨学院大ボールからスタート。日本経済大は、#00マレムの活躍もあり、開始2分で13-19とリードする。対する山梨学院大は開始2分から#16橋口の連続得点により勢いを取り戻し、#4山本の3Pシュートで逆転する。その後は互いに点数を取り合う展開となり、第2クォータ-も34-34と同点で終了。


第3クォーター、山梨学院大ボールからスタート。山梨学院大は、スタートから勢いに乗り、開始3分で42-36とリードする。対する日本経済大は、スタートからミスが目立ち山梨学院大にリードを許すも、開始5分で攻撃に火が付き、#36杉の3Pシュートが連続で決まり始める。とうとう日本経済大は逆転に成功し、そのまま勢いに乗り、第3クォーター51-60日本経済大リードで終了。


第4クォーター、日本経済大ボールからスタート。日本経済大は勢いを止めることなく、#00マレムのゴール下の活躍が光り、開始4分で55-73と一気に差を広げる。山梨学院大は、#11上原の3Pシュートで差を縮めたいところであるが、日本経済大ペースは止まることは無く、試合終了と同時に放たれた日本経済大#14栗原の3Pシュートがリングに吸い込まれ、最終スコア66-90で日本経済大が勝利し、3回戦への切符を獲得した。

日下部 瑠花