BOX

試合区分:No.123
開催期日:2019年12月11日
開始時間:16:30:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館Aコート
主審:大庭 英裕
副審:藤代 透,武井 晋平

大東文化大学 79 15 1P 17
22 2P 07
25 3P 21
17 4P 29
OT
OT
74 京都産業大学

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 深渡瀬 海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 8:57
2 飴谷 由毅 5 1 2 0 2 2 2 3 2 2 4 0 2 0 0 30:22
3 星野 京介 6 2 3 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 10:37
7 高島 紳司 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:34
12 中村 拓人 9 0 4 3 6 3 4 3 0 5 5 0 6 0 0 22:57
13 小谷 健太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:07
15 モッチ ラミン 29 0 0 13 22 3 8 2 4 10 14 7 0 1 1 31:03
21 野原 暉央 DNP
24 向後アディソン ジェスモンド DNP
25 高木 慎哉 6 0 3 2 4 2 2 1 2 2 4 2 2 0 0 31:03
29 兒玉 修 DNP
34 中村 浩陸 15 3 6 2 3 2 2 3 0 1 1 2 1 0 0 27:07
39 ジェン アビブ 4 0 0 2 5 0 0 1 2 0 2 2 0 0 0 8:49
81 後藤 大輝 5 1 1 1 2 0 0 3 1 2 3 0 1 1 0 24:16
99 増本 優太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:08
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 9 0 0 0 0 00:00
合計 79 7 19 23 44 12 18 17 13 32 45 15 12 2 1 200:00

京都産業大学

HC:村上 和之
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
永山 快 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:40
小西 大輝 2 0 0 1 1 0 0 2 1 1 2 1 0 0 0 19:57
永尾 友弥 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
3 納土 修汰 DNP
10 上田 隼輔 9 0 1 3 5 3 5 2 1 1 2 1 1 1 1 36:12
14 川口 廉人 4 0 2 1 1 2 3 0 0 0 0 0 0 1 0 11:16
16 川尻 政宏 DNP
20 森本 泰雅 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0 0 7:43
23 サンブ アンドレ 22 1 2 9 10 1 2 5 4 8 12 2 0 3 1 22:54
24 大庭 岳輝 20 4 11 4 11 0 1 4 1 1 2 4 4 0 1 37:51
25 田中 壱歩 DNP
35 横山 恵斗 DNP
38 リンダー ライアン雅輝 10 2 8 2 2 0 2 1 2 4 6 0 3 2 0 37:09
55 田中 亮 DNP
90 北條 海樹 7 1 6 2 6 0 0 2 0 0 0 1 2 1 0 24:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 6 1 0 0 0 00:00
合計 74 8 31 23 36 6 15 16 10 20 30 11 10 8 3 200:00

GAME REPORT

 関東1位大東文化大学と関西1位の京都産業大学の2回戦。最初こそ京都産業大リードするも大東文化大はインサイドを中心に巻き返し、2桁リードを奪い、前半を折り返す。後半に入り、お互い一進一退の攻防が繰り広げられるも京都産業大は個人技を中心に徐々に詰め寄る。大東文化大、徐々に迫られるも終盤に加点し、何とか逃げ切りタイムアップ。79-74、大東文化大が勝利し、3回戦進出を果たした。

 第1クォーター、大東文化大は#34中村(浩)が果敢に攻め込み、コンスタントに加点していく。対する京都産業大は#24大庭のジャンパー、
#10上田のドライブインなどで加点していく。その後、京都産業大は#23サンブのポストプレイや#24大庭の3Pシュートなどで一歩前に出る。17-15、京都産業大がリードし、第1クォーター終了。

 第2クォーター、京都産業大は#24大庭のドライブインから先行し、攻撃を仕掛ける。大東文化大も#15モッチのインサイドなどで反撃。その後、大東文化大は#3星野の3Pシュート、#15モッチのインサイドなどで逆転し、リードを広げる。京都産業大は大東文化大の勢いに負け攻撃が沈黙。37-24、大東文化大が巻き返し第2クォーター終了。

 第3クォーター、京都産業大は#23サンブが個人技を中心に大量得点し、大東文化大に迫る。対する大東文化大も#15モッチの加点で簡単には流れを譲らない。その後も大東文化大は#34中村(浩)の3Pシュート、#25高木のジャンパーなどで加点し一定のリードを保つ。62-45、大東文化大リードのまま第3クォーター終了。

 第4クォーター、京都産業大は#24大庭、#23サンブらを中心に徐々に点差を縮めていく。大東文化大は#34中村(浩)のドライブイン、#15モッチのインサイドなどで加点するが京都産業大の攻撃が勝り、詰められてしまう。その後も京都産業大は#24大庭らがコンスタントに加点し、大東文化大の背後をとらえるも大東文化大は終盤に#34中村(浩)、#15モッチらが最後まで安定して加点し、勝負あり。79-74、大東文化大が勝利し、3回戦に駒を進めた。

野島 義史