BOX

試合区分:No.101
開催期日:2020年12月7日
開始時間:10:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:丸山 淳
副審:廣瀬 俊昭,山本 平

徳山大学 81 19 1P 17
27 2P 27
11 3P 23
24 4P 20
OT
OT
87 中京大学

徳山大学

HC:川瀬 秀太
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
6 具志堅 颯 12 2 6 2 3 2 2 3 1 0 1 1 2 2 0 23:07
10 伊禮 瑞稀 7 1 4 2 4 0 0 1 0 1 1 1 2 2 0 16:17
12 立花 一真 2 0 0 1 2 0 2 1 0 2 2 6 1 0 0 13:41
17 當眞 慧策 2 0 0 1 4 0 0 1 1 2 3 0 1 0 0 12:50
18 杉原 碧生 16 2 6 4 4 2 3 4 0 4 4 3 3 0 0 24:43
22 山本 渉夢 5 1 1 0 0 2 2 1 0 0 0 1 0 0 0 6:31
24 松本 克己 DNP
25 中澤 貴之 6 2 3 0 0 0 0 3 0 2 2 0 0 0 0 14:38
26 山本 奥賀 DNP
28 亀川 健人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:52
33 兼本 拓也 19 1 7 6 15 4 5 0 3 4 7 2 1 0 0 40:00
34 小嶋 海来 2 0 1 1 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 8:56
35 岡田 龍斗 DNP
81 俵 大輝 0 0 2 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3:56
99 サインバヤル ドゥガルエルデネ 10 0 0 5 7 0 2 3 5 7 12 3 2 0 0 33:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 1 0 0 0 00:00
合計 81 9 30 22 41 10 16 17 14 26 40 19 12 4 0 200:00

中京大学

HC:松藤 貴秋
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
2 林 怜建 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 11:14
5 上塚 亮河 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3 2 0 0 16:53
9 出口 祥伍 DNP
11 緒方 康太 DNP
12 江川 誠 2 0 0 1 2 0 1 4 1 5 6 1 0 0 0 15:41
15 濱田 真魂 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 4:42
17 藤田 恵吾 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 4:11
19 小澤 幸平 DNP
21 川嶋 正輝 7 0 0 3 8 1 2 3 2 2 4 2 0 0 0 23:54
25 植木 将太郎 10 0 0 3 4 4 4 0 0 0 0 2 1 0 0 14:57
30 中崎 圭斗 22 2 2 7 9 2 2 1 0 3 3 1 1 0 0 20:21
32 山路 哲司 5 1 4 0 1 2 2 2 1 1 2 2 3 3 0 19:26
33 高木 寛大 2 0 1 1 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 10:38
44 永井 幹久 22 4 12 2 3 6 7 1 0 3 3 2 1 2 0 30:09
49 浦野 泰斗 12 1 1 3 7 3 5 3 2 2 4 0 5 2 0 27:54
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 7 0 0 0 0 00:00
合計 87 9 23 21 38 18 23 17 6 27 33 16 14 8 0 200:00

GAME REPORT

 第72回全日本大学バスケットボール選手権大会、徳山大学対中京大学の一戦。序盤はお互い得点につなげられない我慢の時間帯となるが、第2クォーターに入ると両校のアウトサイドシュートが当たりだす。ゾーンディフェンスを仕掛けるなどするも両者一歩も譲らないまま後半へ。第3クォーターに中京大が徳山大のミスを得点につなげ、徐々に点差が開く展開に。最後は徳山大#99サインバヤルがインサイドで奮闘を見せるも、逆転には至らず試合終了。81-87、中京大が徳山大を下し、2回戦進出。

 第1クォーター、徳山大が#6具志堅が#99サインバヤルからのアシストで先制点を挙げる。その後も#33兼本のドライブからのレイアップや#22山本の3ポイントで得点する。対する中京大はファールを誘いフリースローでの得点を中心に応戦。19-17、徳山大がリードし、第1クォーター終了。

 第2クォーターはシーソーゲームになり、点差に大きな変化のないまま時間だけが過ぎていく。後半になるにつれ両校外角のシュートが入りだすも、相手の攻撃を止められず、このクォーターのみで両者27点を挙げる。46-44、徳山大学がリードしたまま第2クォーター終了。

 第3クォーター、徳山大は後半に入ってオフェンスでのミスが目立ち始め、シュートまでつなげることができず、中京大に流れを与えてしまう。このクォーターだけで13点を挙げた#中崎を中心に中京大はじりじりとその点差を広げていく。57-67、中京大が逆転し第3クォーター終了。

 第4クォーター、徳山大は#99サインバヤルのインサイドに反撃の糸口をつかむも流れをつかむまでには至らず、中京大もアウトサイドシュートを起点に得点し、なかなか点差が縮まらない。徳山大が最後にスティールや3ポイントで追いすがるもタイムアップ。81-87で中京大が2回戦へコマを進めた。

kn