BOX

試合区分:No.105
開催期日:2021年12月6日
開始時間:12:00:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子Bコート
主審:田中 真
副審:林 大貴,河合 拓治

日本経済大学 57 13 1P 20
12 2P 19
17 3P 17
15 4P 24
OT
OT
80 大東文化大学

日本経済大学

HC:井手口 孝
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 中山田 海渡 6 1 7 1 5 1 2 2 0 1 1 0 1 0 0 30:02
1 木下 大南帆 4 0 1 2 2 0 0 0 1 1 2 0 0 1 0 18:29
3 キエキエトピー アリ 12 0 1 6 13 0 4 4 4 12 16 0 2 0 5 29:35
7 七嶋 恭圭 DNP
10 中谷 衿夢 DNP
11 廣瀬 一馬 DNP
14 内藤 凌太 20 2 4 5 10 4 6 3 2 7 9 4 5 2 1 37:36
17 永田 誠道 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:02
19 喜多 伊総 DNP
23 比嘉 聖人 3 1 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 1 1 0 20:06
24 秋山 慶哉 7 1 3 2 4 0 0 0 0 3 3 2 1 0 1 12:41
33 ババカルアイダラ ジャロ 2 0 0 1 3 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 10:25
44 柴田 海斗 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:11
51 奧村 大翔 0 0 0 0 1 0 0 4 0 2 2 1 2 0 1 27:37
77 小池 文哉 3 1 5 0 2 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 11:16
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 1 0 0 0 00:00
合計 57 6 24 17 41 5 12 17 9 31 40 9 12 4 8 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 深渡瀬 海 11 1 2 3 4 2 4 1 4 1 5 2 0 0 0 21:40
3 星野 京介 12 2 5 2 6 2 2 1 0 2 2 0 2 0 0 25:33
4 菊地 広人 14 2 5 3 7 2 3 2 1 0 1 0 0 1 0 18:02
6 中川 祥一郎 5 1 3 1 3 0 0 0 1 3 4 0 0 1 0 16:47
7 高島 紳司 8 1 2 2 4 1 4 1 0 9 9 2 2 3 0 26:32
8 石川 晴道 0 0 3 0 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 3:17
10 菅原 佳依 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:32
12 中村 拓人 13 2 3 2 9 3 3 4 0 7 7 1 5 1 0 24:48
13 米本 信也 3 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:32
14 谷川 海斗 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6:46
18 岩橋 史門 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:00
22 吉田 敬陽 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1:32
24 向後アディソン ジェスモンド 7 0 1 3 4 1 1 3 2 0 2 0 0 0 0 16:04
25 山内ジャヘル 琉人 4 0 1 2 4 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 11:55
34 バトゥマニ クリバリ 3 0 0 1 2 1 2 3 0 6 6 1 0 1 1 21:25
合計 80 10 27 21 45 12 19 16 10 30 40 6 9 7 1 200:00

GAME REPORT

九州2位日本経済大学と関東8位大東文化大学の一戦。序盤からバランスよく得点を重ねた大東文化大が抜けだすが、日本経済大も激しいディフェンスと爆発力のあるオフェンスで応戦。第3クォーターまでは大東文化大が2桁リードを保っていたが、第4クォーター中盤で一時9点差となる。しかし、終盤に安定感のあるオフェンスで突き放した大東文化大が80-57で勝負を制した。


第1クォーター、序盤に流れをつかんだのは大東文化大。激しいディフェンスからターンオーバーを誘発し、オフェンスでも#3星野を中心に#7高島や#34クリバリなどバランスの良いオフェンスを展開する。一方、日本経済大は序盤こそミスが目立ったものの、その後は走る展開から果敢にアタックし、#0中山田や#24秋山の2Pシュートなどで点差を縮める。しかし、流れを覆すには至らず、大東文化大が20-13とリードして第1クォーター終了。


第2クォーター、日本経済大は第1クォーター後半の勢いを止めず、#24秋山や#33ババカなどの果敢なアタックとハードなディフェンスから点差を縮める。大東文化大は激しい1on1ディフェンスから日本経済大の流れを止め、再び点差を拡げる。その後も#4菊地や#24向後らがバランスよく得点を重ね39-25、大東文化大14点リードで前半終了。


第3クォーター、大東文化大は#12が起点となり、バランスのいいオフェンスを継続する。一方の日本経済大も応戦し、#14内藤のドライブや#77の3Pシュートなどで攻撃の手をゆるめない。しかし、点差は縮まらず。-、第3クォーター終了。


第4クォーター、日本経済大のオフェンスが爆発する。#14内藤のアシストから#3キエキのレイアップ、#23の3Pシュートが決まり、残り4分15秒で点差は9点に。しかし、#4菊地、#7高島、#12中村が3本連続で3Pシュートを沈めた大東文化大が80-57で勝利を収めた。


花岡 優圭