BOX

試合区分:No.107
開催期日:2021年12月6日
開始時間:14:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:永山 忠利
副審:笠島 喜与都,川井 剛

中京大学 59 14 1P 21
08 2P 17
17 3P 11
20 4P 18
OT
OT
67 日本体育大学

中京大学

HC:松藤 貴秋
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
5 上塚 亮河 0 0 1 0 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 9:34
12 高村 駿佑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:32
13 中野 友都 23 2 8 5 13 7 9 4 0 0 0 2 1 1 0 36:11
15 濱田 真魂 0 0 0 0 2 0 0 4 2 4 6 0 1 0 0 16:04
19 小澤 幸平 2 0 3 1 1 0 0 0 1 1 2 0 0 1 0 11:46
22 柴田 大樹 4 0 1 2 2 0 2 1 0 4 4 0 1 0 0 10:33
23 古大内 雄梨 0 0 0 0 5 0 2 0 2 0 2 0 0 0 0 11:59
25 植木 将太郎 3 0 0 1 3 1 1 2 1 1 2 0 0 0 0 3:49
30 中崎 圭斗 2 0 3 1 6 0 0 1 1 0 1 1 1 0 0 11:39
32 山路 哲司 3 1 3 0 1 0 0 3 0 1 1 2 1 2 0 15:35
33 髙木 寛大 2 0 0 0 1 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 11:43
36 カミソコ オマール 14 0 0 7 15 0 1 2 10 7 17 4 0 0 1 32:30
40 石元 優汰 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:09
43 青木 良樹 0 0 0 0 2 0 0 2 1 1 2 2 0 0 0 4:02
49 浦野 泰斗 4 0 2 2 4 0 0 4 1 2 3 0 0 2 0 22:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 8 3 11 0 0 0 0 00:00
合計 59 3 21 20 58 10 17 26 27 24 51 12 5 6 1 200:00

日本体育大学

HC:藤田 将弘
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 古橋 正義 10 0 0 3 8 4 7 5 2 1 3 1 2 1 0 33:24
6 半田 雄資 1 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 2:37
7 原 千容 DNP
11 浅原 紳介 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 2:08
18 土家 拓大 1 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 1 0 1:16
23 小川 麻斗 15 2 5 3 7 3 4 3 2 2 4 4 3 3 0 36:44
28 井手 拓実 11 1 7 3 6 2 2 3 0 6 6 2 4 1 0 37:23
31 青木 遥平 6 0 2 2 5 2 3 2 0 2 2 1 1 0 0 37:23
34 島袋 敬吾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:22
35 ムトンボ ジャンピエール 15 0 0 7 7 1 1 0 4 9 13 2 0 0 8 20:20
50 バム ジョナサン 8 0 0 2 5 4 4 2 2 4 6 1 1 0 1 17:03
55 永野 雄大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 4:20
56 倉澤 明朗 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0:29
77 和田 将英 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:53
89 楊 博 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:37
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 10 1 0 0 0 00:00
合計 67 3 16 20 38 18 27 16 11 35 46 16 11 6 9 200:00

GAME REPORT

 東海2位中京大学と関東5位日本体育大学の一戦。第1クォーターの序盤、日本体育大が流れを掴むと、そのまま得点を伸ばし続ける展開となる。対する中京大は、#13中野、#36オマールを中心に内外から攻めるも、日本体育大の激しいディフェンスに阻まれ、点差は縮まらない。一度流れを掴んだ日本体育大が、試合終了までペースを守り切り、59-67で試合終了。日本体育大が勝利を収めた。


 第1クォーター、スタートダッシュを決めたのは日本体育大。#35ムトンボがリバウンドを押し込み先制点を決めると、#28井手、#1古橋が続き、序盤の流れをものにする。対する中京大は、#36オマールがインサイドで健闘し、一時は2点差まで追いつくも、日本体育大は機敏なオフェンスにより再度リードを広げ、14−21、日本体育大のリードで前半終了。


 第2クォーター、点差を縮めたい中京大は、#13中野を中心に丁寧にゴールを狙うが得点につながらない。対する日本体育大は、#35ムトンボが攻守ともにインサイドで活躍し、着々と点差を広げる。日本体育大が巧さを見せつけ、22-38、日本体育大のリードのまま前半終了。


 第3クォーター、前半と変わらず日本体育大ペースのまま試合が進む。日本体育大は激しいディフェンスからトランジションを決め、勢いを増す。中京大#36オマールがリバウンドを押し込み得点を返すも、日本体育大の勢いは止まらず、39-49、日本体育大リードで第3クォーター終了。


 第4クォーター、得点を返したい中京大は、リバウンドに飛び込み全員でゴールにアタックするも、シュートを決め切ることができない。対する日本体育大は、#23井手を中心に得意の早いバスケットを展開し、流れを手放さない。中京大#25植木がバスケットカウントを沈め、#40石元がブザービートを決めるも届かず、59-67で試合終了。日本体育大が勝利を収めた。

岩田 美祐