BOX

試合区分:No.214
開催期日:2018年12月11日
開始時間:15:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場Bコート
主審:武田 亜紗美
副審:久保 あしみ,山本 光太郎

札幌学院大学 70 16 1P 25
23 2P 26
15 3P 19
16 4P 17
OT
OT
87 松蔭大学

札幌学院大学

HC:松原 修平
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 八百板 遥菜 18 1 1 7 11 1 3 4 2 4 6 3 0 1 0 29:52
2 池田 莉央 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:24
7 佐藤 友紀 4 0 1 2 4 0 0 5 1 1 2 2 0 0 0 16:15
9 大山 美咲 DNP
10 林 真由 16 2 4 4 5 2 2 5 1 9 10 2 0 3 1 34:12
14 浅井 菜那 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 7:35
18 堀 ゆず妃 9 1 5 3 7 0 0 3 1 3 4 0 0 0 0 33:14
21 佐々木 聖奈 8 2 8 1 2 0 0 2 0 3 3 2 0 0 0 37:28
25 山内 凛音 DNP
27 上西 詩音 DNP
31 千葉 恵実 15 0 4 6 11 3 9 4 0 4 4 10 1 3 0 40:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 8 0 0 0 0 00:00
合計 70 6 23 23 40 6 14 23 7 32 39 19 1 7 1 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 加藤 宇希波 5 1 7 1 3 0 0 0 1 0 1 0 0 1 0 15:09
5 稲葉 さつき 2 0 0 1 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:19
6 小林 優香 11 2 5 1 2 3 3 4 2 4 6 1 2 3 0 26:41
7 横山 果菜 1 0 1 0 1 1 2 2 0 4 4 1 1 0 0 22:24
8 梅林 由佳 19 4 7 3 5 1 2 2 1 4 5 3 1 0 0 26:54
9 奥 伊吹 21 0 2 8 11 5 7 3 6 4 10 1 0 0 0 19:44
10 高橋 彩 13 1 5 4 5 2 5 1 2 6 8 0 1 2 0 19:03
11 稲葉 さくら 6 0 1 1 1 4 4 1 1 2 3 1 0 0 0 11:52
12 橋本 花紀 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:41
13 加藤 美紅 2 0 1 1 2 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 5:48
14 熊谷 日毬 1 0 0 0 2 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 13:55
15 野本 陽香 1 0 4 0 3 1 2 0 1 2 3 1 0 1 0 17:34
16 大畠 澄 2 0 0 1 2 0 0 1 3 2 5 0 0 0 0 3:41
17 安彦 かすみ 3 1 4 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 7:15
18 伊藤 かれん DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 00:00
合計 87 9 38 21 42 18 27 15 20 31 51 9 5 8 0 200:00

GAME REPORT

北海道2位札幌学院大学と関東7位松陰大学の一戦。序盤、松蔭大のディフェンスを前に得点することができない札幌学院大。松蔭大はディフェンスから流れを掴みリズムよく得点を重ねる。中盤、札幌学院大は#10林を中心に得点するが、松蔭大も#9奥のペイントエリアでの活躍で得点し点差は変わらない。終盤、札幌学院大はディフェンスで粘り、松蔭大からボールを奪う。札幌学院大が追い上げを見せるも、松蔭大が72-87で勝利を収めた。

 

1ピリオド、松蔭大#9奥がフリースローを確実に決め先制すると、松蔭大は#6小林の3Pシュートが決まる。一方の札幌学院大はゴールに嫌われ得点できない。中盤、松蔭大は#8梅林が内外ともに活躍し、得点する。終盤、札幌学院大は#21佐々木や#31千葉がジャンパーを決め松蔭大に対抗する。16-25で松蔭大がわずかにリードし第1ピリオドを終える。

 

2ピリオド、松蔭大#6小林がシュートを決めると札幌学院大#18堀が3Pシュートで対抗する。中盤、松蔭大は#9奥のゴール下のパワープレイで得点するも、札幌学院大は#7佐藤や#21佐々木のジャンパーでシュートを決め、点差は変わらない。終盤、両チームともに3Pシュートの打ち合いになるが、リバウンドから得点を決めた松陰大がリードを広げ、39-51で前半を終える。

 

3ピリオド序盤、松蔭大が得点すると札幌学院大も得点しなかなか点差が変わらない。中盤、札幌学院大は#0八百板がジャンパーを決め松蔭大にじわじわと点差を縮める。終盤、両チームともに果敢に攻め込むも得点には繋がらない。松蔭大がリードし54-70で最終ピリオドへ。

 

4ピリオド序盤、札幌学院大は強気なディフェンスで松蔭大にミスをさせ、リズムを掴むと連続して得点し松蔭大の後を追う。中盤、松蔭大は#11稲葉、#15野本がジャンパーを決め札幌学院大の追い上げに対抗する。終盤、松蔭大が得点すると札幌学院大も得点し拮抗した展開となる。札幌学院大が追い上げを見せるも、松蔭大がリードを守り切り72-87で勝利した。

北原 明日香