BOX

試合区分:No.110
開催期日:2021年12月6日
開始時間:16:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:大庭 英裕
副審:橘 貴志,吉田 知実

白鷗大学 90 17 1P 22
17 2P 06
29 3P 11
27 4P 22
OT
OT
61 大阪体育大学

白鷗大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 関屋 心 4 0 1 1 3 2 2 4 2 0 2 1 2 0 0 12:23
2 脇 真大 10 1 3 3 11 1 2 2 4 1 5 3 1 0 0 18:19
5 小林 尚矢 6 0 1 3 3 0 0 1 0 1 1 0 1 1 0 16:36
7 ギバ 賢キダビング 8 0 0 4 4 0 0 0 2 2 4 0 0 0 0 8:41
14 末廣 力久 5 1 2 1 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 8:05
25 角田 太輝 13 2 8 3 5 1 2 1 0 3 3 2 0 3 0 23:43
27 東海林 奨 2 0 2 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 10:20
29 小島 基嵩 1 0 1 0 0 1 2 2 0 0 0 1 0 0 0 5:01
33 杉山 裕介 6 0 3 3 5 0 2 0 3 4 7 0 0 0 0 15:48
35 ミサカボ ベニ 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 1 2 2 0 0 10:52
45 シソコ ドラマネ 17 0 0 8 11 1 2 3 4 4 8 1 0 0 0 13:19
52 ブラ グロリダ 8 0 0 4 7 0 0 0 7 3 10 1 1 0 1 18:00
56 小室 昂大 4 0 1 2 2 0 0 3 0 2 2 1 0 0 0 13:51
66 松下 裕汰 6 2 5 0 1 0 0 2 1 4 5 1 0 0 0 14:44
71 嘉数 啓希 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10:16
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 2 0 0 0 00:00
合計 90 6 32 33 55 6 12 20 24 26 50 16 7 4 1 200:00

大阪体育大学

HC:比嘉 靖
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
4 高橋 侑也 1 0 0 0 0 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 4:50
5 仲田 泰利 DNP
6 アデバンジョ ウィリアム 9 0 0 4 7 1 5 4 1 7 8 3 3 0 0 26:10
7 原 勇気 12 3 10 1 1 1 2 0 0 2 2 1 0 1 0 18:25
8 山﨑 天馬 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3:50
9 請田 祐哉 8 0 2 3 6 2 2 0 0 3 3 5 3 1 0 27:31
11 下田平 翔 16 3 6 2 4 3 3 1 0 2 2 1 0 0 0 26:08
13 鈴木 太晟 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 8:59
14 中原 啓太 9 0 0 3 9 3 4 3 5 4 9 5 1 0 0 36:11
17 牛尾 慶斗 5 0 1 1 1 3 3 4 1 3 4 0 2 0 0 29:27
20 里見 龍平 DNP
21 島 宏人 DNP
25 市原 修也 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 2 2 0 0 0 9:50
28 伊藝 椋太 DNP
30 佐野 悠星 1 0 0 0 1 1 2 2 1 0 1 1 1 0 0 8:39
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 2 0 0 1 00:00
合計 61 6 20 14 31 15 23 18 9 25 34 21 10 2 1 200:00

GAME REPORT

 関東3位の白鴎大学と関西4位の大阪体育大学との一戦。互いにフィジカルを活かした強いドライブで得点を重ねるが、後半、白鴎大の運動量のあるディフェンスからのブレイクで得点を量産する。負けずと食らいつく大阪体育大は最後まで激しいディフェンスで相手のミスを誘い、粘りを見せるも、なかなか得点を縮めることはできず、タイムアップ。最終スコア90-61で白鴎大学が勝利し、2回戦進出を決めた。


 第1クォーター、残り7分で#11下田平の3Pシュートが決まり、流れを掴むと#6ウィリアムがファールをもらい得点を重ね、9点リードする。対する白鴎大は何とかして流れを止めようと中盤、#2脇、#0関谷を中心に得点を重ね少しずつ点差を縮め、17-22で第1クォーターを終える。


 第2クォーター、開始後、白鴎大#33杉山が力強いドライブで得点を決めると、続けて#45ドラマネがダンクシュートを決め、流れを作る。対する大阪体育大は#9請田が鋭いドライブで得点を決める。終盤、両者とも得点が決まらない時間が続き、34-28、白鴎大リードで前半を折り返す。


 第3クォーター、中盤、白鴎大#25角田が3Pシュートを決めると続けて#2脇が3Pシュートを沈め、白鴎大が流れを作る。残り4分を切ったところで起死回生を図る大阪体育大は激しいディフェンスで流れを掴もうと試みるが、白鴎大の得点が止まらない。終盤になると、白鴎大は相手のディフェンスをものともせず速い展開のオフェンスで得点を量産し、第3クォーターを63-39で終える。


 第4クォーター、序盤大阪体育大#7原が3Pシュートを沈める。対して白鴎大#0関屋のアシストから#7ギバがシュートを決めると、#66松下が連続で3Pシュートで続き、大阪体育大#7原が3Pシュートを決め返す。その後、両者とも得点の取り合いとなるが、最後まで攻めの姿勢を貫いた白鴎大が90-61で勝利を収めた。

北澤陽奈子