BOX

試合区分:No.114
開催期日:2021年12月7日
開始時間:12:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:小澤 朋克
副審:加藤 毅,山田 隆介

星槎道都大学 55 10 1P 18
15 2P 21
16 3P 28
14 4P 19
OT
OT
86 明治大学

星槎道都大学

HC:津梅 直哉
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 関根 柊 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 16:23
2 平野 理穏 0 0 2 0 0 0 0 1 0 1 1 2 0 0 0 3:57
6 高橋 秀宇 2 0 1 1 6 0 0 2 1 0 1 1 0 3 0 18:11
8 佐々木 瑞稀 6 0 0 1 5 4 4 3 1 1 2 0 1 0 0 28:48
10 田口 大智 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:09
11 橋本 竜 5 0 2 2 4 1 4 2 3 3 6 1 0 0 0 12:06
13 羽野 唯人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:56
18 久保田 悠斗 11 3 8 1 8 0 0 2 0 4 4 1 1 1 0 27:34
19 山田 龍輝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2:54
21 木村 駿斗 0 0 0 0 5 0 0 3 1 1 2 0 1 0 0 11:32
22 伊藤 修平 27 3 9 9 15 0 0 3 4 2 6 4 1 2 0 39:50
25 久本 浩平 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 1:45
32 林 流輝 2 0 0 1 4 0 0 2 0 2 2 0 0 2 0 17:11
63 鈴木 武蔵 2 0 0 1 1 0 0 0 2 2 4 0 0 0 0 15:54
92 中村 佳靖 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0:49
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 00:00
合計 55 6 23 16 50 5 8 20 12 18 30 10 5 8 0 200:00

明治大学

HC:斎藤 勝一
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 中村 吏 7 0 0 3 3 1 1 0 0 3 3 2 1 0 1 15:11
3 阿保 柊二 3 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:10
7 伊藤 治輝 4 0 0 1 4 2 4 2 0 3 3 0 0 0 1 10:09
9 塚本 舞生 3 0 0 1 2 1 4 0 1 1 2 2 1 0 0 15:17
10 結城 智史 5 1 1 1 2 0 0 1 0 4 4 0 0 0 0 12:37
13 平松 克樹 2 0 0 1 2 0 2 1 1 0 1 2 3 0 0 11:54
14 戸堀 春輝 2 0 3 0 1 2 2 0 3 0 3 1 0 0 0 8:50
17 常田 耕平 20 2 4 7 9 0 0 0 1 5 6 2 5 0 0 23:02
21 田邉 太一 8 0 2 4 6 0 1 2 2 5 7 1 4 1 1 20:26
24 勝山 大輝 3 1 3 0 0 0 0 0 0 3 3 0 1 0 0 12:07
31 吉村 公汰 5 1 1 1 3 0 0 2 0 1 1 0 2 0 0 12:19
35 越田 大翔 2 0 1 1 1 0 0 0 1 1 2 0 0 1 1 12:14
46 井上 耀 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 8:31
52 溝口 月斗 13 0 0 6 7 1 2 2 2 6 8 0 2 0 0 23:13
88 佐藤 大介 9 0 0 4 6 1 2 2 3 2 5 1 0 0 0 10:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 00:00
合計 86 6 17 30 48 8 18 14 14 37 51 11 20 3 4 200:00

GAME REPORT

北海道1位星槎道都大学と関東12位の明治大学との一戦。序盤から激しい攻撃争い起こり、得点の取り合いとなるが、中盤から明治大が流れを作り得点を量産するがそれに対し星槎道都大も果敢に攻め込む。終盤になると、星槎道都大が得点を重ね、点差を縮めようと試みるが明治大が主導権を握りリードを広げる。その後も流れは明治大のまま最終スコア55-86で2回戦進出の切符を獲得した。


第1クォーター、星槎道都大ボールからスタート。序盤から#22伊藤を中心に果敢に攻める。対する明治大は#17常田のジャンパーが決まり流れを掴むとシンプルなセットオフェンスから得点を重ねる。終盤になると、星槎道都大のターンオーバーが嵩む中、明治大が攻撃の手を緩めない。10-18明治大がリードし、第1クォーター終了。


第2クォーター、前半から点の取り合いが繰り広げられる。後半明治大#52溝口がゴール下に切り込みシュートを決める。それに対し星槎道都大#22伊藤がシュートなどで応戦するも、明治大の流れは止まらない。その流れを残したまま、第2クォーターを25-39明治大が14点リードしたまま前半を終える。


第3クォーター、初め両チームとも安定したシュート力を見せつける。中盤になると、明治大のペースを保ったまま得点を重ねるのに対し、少しでも点差を縮めたい星槎道都大は果敢にゴールに攻め込みチャンスを作るがなかなか得点に繋がらない。終盤も流れを変えることなく、第3クォーターを41-67で終える。


第4クォーター、始めから星槎道都大#22伊藤が流れを変えようと3Pシュートを沈めると、激しいディフェンスで相手のミスを誘い攻撃回数を増やす。対する明治大は、冷静沈着なプレーでしっかりと得点を重ねる。中盤になると、明治大#88佐藤が3Pシュートを決め安定した得点力を見せつけると、星槎道都大はなかなかゴールが決まらず、そのままタイムアップ。最終スコア55-86で明治大が勝利した。

北澤 陽奈子