BOX

試合区分:No.104
開催期日:2021年12月6日
開始時間:12:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:谷 隆正
副審:山﨑 雅洋,加藤 毅

仙台大学 60 21 1P 28
10 2P 22
18 3P 20
11 4P 16
OT
OT
86 名古屋学院大学

仙台大学

HC:村田 健一
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 高橋 梓 10 0 1 4 5 2 2 0 1 1 2 1 2 0 0 27:26
4 呂蔡 瑜倫 6 0 7 3 5 0 0 2 1 1 2 0 2 1 2 31:02
6 石川 諒 3 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 10:03
9 鈴木 雄音 2 0 1 1 3 0 0 2 1 2 3 1 1 0 0 12:12
11 髙橋 亮斗 DNP
12 仲里 有人 6 0 1 3 7 0 0 2 2 3 5 2 4 1 0 33:19
15 川辺 武貴 DNP
25 高野 英治 DNP
31 市川 竜大 3 1 4 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 1 0 12:34
32 後藤 楓玖 DNP
35 郡司 諒 16 2 6 5 7 0 0 1 1 3 4 4 0 0 0 31:23
56 鈴木 伸和 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3:29
74 相澤 正輝 10 0 5 5 10 0 0 0 2 4 6 2 0 1 0 26:28
91 新保 圭都 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:06
96 箭内 大河 2 0 0 1 5 0 0 0 2 0 2 0 1 0 0 8:58
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5 0 0 0 0 00:00
合計 60 4 28 22 42 4 4 8 12 19 31 11 10 4 2 200:00

名古屋学院大学

HC:竹之下 秀樹
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 OKOYE PETER JUNIOR 34 0 0 16 20 2 4 1 8 13 21 0 2 1 2 35:07
田中 慎之介 10 1 5 3 3 1 1 3 1 2 3 0 3 1 0 29:03
4 中山 玄己 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 4:47
5 永野 威旺 7 0 4 3 5 1 3 0 0 1 1 1 1 2 0 17:19
7 山本 和弥 0 0 1 0 1 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 11:19
12 吉村 太希 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:21
18 足達 玲太 9 1 9 2 5 2 4 2 0 5 5 4 2 1 0 34:06
21 田中 翔大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:21
24 宮川 雅己 4 0 0 2 4 0 0 1 3 3 6 0 2 1 0 23:42
26 前島 潤 DNP
27 木村 貴郎 3 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:42
32 栗山 友稀 19 2 6 6 9 1 4 1 4 0 4 2 2 1 0 33:37
33 稲垣 守亮 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:28
43 崔 太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:21
60 楠本 泰聖 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0:47
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0 0 0 00:00
合計 86 5 29 32 48 7 16 10 17 29 46 10 12 7 2 200:00

GAME REPORT

東北2位仙台大学と東海1位名古屋学院大の一戦。終始リードをしたのは名古屋学院大であったが、仙台大も迫力とチーム力を感じさせるプレーで引けを取らない試合を見せた。60-86、名古屋学院大が天理大を破り2回戦進出を果たした。


 第1クォーター、仙台大は#35郡司のミドルシュートを中心に安定して得点を重ねる。対する、名古屋学院大は#0ピーターがゴール下を支配。リバウンドを落とさずシュートを決め続けて得点ペースを緩めず。21-28、名古屋学院大がリードするものの仙台大も引けを取らない戦いを見せ第1クォーター終了。


 第2クォーター、名古屋学院大#0ピーターがゴール下で連続得点、#32栗山が3Pシュートを決めて一気に仙台大を突き放そうとする。仙台大も、インサイドに攻め込みなんとか食らいつこうとするも得点が伸び悩み終了。31-50、名古屋学院大が点差を大きく広げ、依然リードのまま後半戦へ。


 第3クォーター、勝機を探る仙台大は#35郡司が連続3Pシュートを沈め勢いに乗ると、#00高橋もバスケットカウントを得て反撃に出る。しかし、名古屋学院大も#0オコエを中心にコンスタントに得点を重ね寄せつけず。49-70、名古屋学院大リードで勝負は最終クォーターへ。


 第4クォーター、素早いトランジションから巻き返しを図ろうとする仙台大は、#31市川が3Pシュートに成功するも大きく開いた点差を縮めることはできず、対して名古屋学院大は#0オコエが最後に圧巻の3連続得点を見せ、そのままリードを保ち試合終了。60-86で名古屋学院大が仙台大に勝利を収めた。

田山 穂香