BOX

試合区分:No.109
開催期日:2020年12月8日
開始時間:14:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:山岡 忠
副審:松本 祐大,土田 康隆

東海大学 101 25 1P 14
19 2P 23
34 3P 11
23 4P 18
OT
OT
66 星槎道都大学

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
1 元田 大陽 7 2 3 0 2 1 3 0 1 1 2 0 1 0 0 4:49
4 小玉 大智 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6:40
5 河村 勇輝 8 1 1 1 2 3 3 2 1 3 4 1 3 3 1 14:59
10 張 正亮 2 0 0 1 3 0 0 1 1 0 1 1 0 0 0 8:38
11 大倉 颯太 9 0 4 4 6 1 2 0 0 5 5 2 7 1 0 24:08
15 島谷 怜 2 0 0 1 2 0 0 2 1 1 2 0 0 0 0 8:11
19 西田 優大 10 2 3 1 2 2 4 1 0 1 1 2 2 2 0 22:11
23 佐土原 遼 34 0 1 17 20 0 0 2 3 5 8 3 0 1 1 24:45
24 松崎 裕樹 9 1 3 2 3 2 2 1 0 3 3 0 0 0 0 9:15
25 江原 信太朗 2 0 0 1 3 0 2 0 1 1 2 0 0 0 0 6:37
28 津屋 一球 9 3 5 0 0 0 0 1 1 4 5 1 2 0 0 22:38
31 松本 礼太 0 0 3 0 0 0 0 1 1 2 3 0 2 0 0 10:42
35 木下 碧人 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 5:30
60 坂本 聖芽 4 0 1 2 3 0 0 4 1 3 4 2 1 0 1 12:19
86 八村 阿蓮 2 0 1 0 3 2 4 4 3 5 8 1 1 1 0 18:37
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 8 13 0 0 0 0 00:00
合計 101 10 27 30 50 11 20 19 19 42 61 14 19 8 3 200:00

星槎道都大学

HC:津梅 直哉
No. PLAYER S PTS 3P 2P FT F REB TO AST STL BLK MIN
M A M A M A OFF DFE TOT
0 永田 侑也 5 0 3 1 4 3 4 3 0 2 2 2 0 0 0 24:36
1 関根 柊 3 1 3 0 0 0 0 3 0 1 1 0 2 0 0 15:22
3 清水 健汰 DNP
8 佐々木 瑞稀 10 1 7 3 7 1 1 4 0 1 1 2 0 3 0 28:55
10 谷口 光稀 DNP
11 橋本 竜 3 1 1 0 1 0 0 1 0 1 1 0 2 0 0 8:31
13 ゲーリー ステファン 5 1 5 1 2 0 0 1 0 1 1 2 1 0 0 25:46
17 鎌田 龍二 DNP
18 久保田 悠斗 9 1 2 2 5 2 2 3 0 3 3 1 1 1 0 29:04
19 山田 龍輝 0 0 3 0 0 0 0 0 1 4 5 0 0 0 0 15:13
21 木村 駿斗 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 1 0 0 0 10:19
22 伊藤 修平 31 3 12 7 16 8 11 2 4 1 5 4 0 1 0 40:00
24 浦島 歩己 DNP
25 久本 浩平 DNP
32 林 流輝 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0 0 2:14
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 10 0 0 0 0 00:00
合計 66 8 36 14 35 14 20 19 8 22 30 13 6 5 0 200:00

GAME REPORT

関東1位東海大学と北海道1位星槎道都大学の1回戦。開始から東海大は#23佐土原がダンクを含む7連続得点をして先行する。星槎道都大は#22伊藤を中心に前半こそ食らいつくが、時間が経つにつれて東海大の守備に対応できなくなり、点差が広がる。東海大が圧巻の守備力とリバウンド力を見せつけ、101-66の100点ゲームで2回戦進出を決めた。


 第1クォーター、東海大は#23佐土原がダンクを含む7連続得点をしてペースを掴む。星槎道都大は#22伊藤と#13ゲーリーを軸に攻めるも奮わなく、開始5分と経たないうちにタイムアウトを請求。その後も東海大は#28津屋が3Pシュートを2本沈めてリードを拡大。対する星槎道都大は途中出場の#18久保田が良い働きを見せるも追いつけず、25-14で第1クォーター終了。


 第2クォーター序盤、スタメンを下げて得点が伸び悩む東海大に対し、星槎道都大が#22伊藤のバスケットカウント、#8佐々木の3Pシュートなどで順調に加点する。中盤以降、#22伊藤を中心とした攻撃で食らいつく星槎道都大に対し、東海大は#23佐土原や#11大倉の得点でリードを保つ。44-37で点差はほぼ変わらず後半へ。


 第3クォーター、東海大が持ち前の守備力とリバウンド力を発揮し、#23佐土原のインサイドアタックや#5河村のバスケットカウントで着々とリードを広げる。星槎道都大は#18久保田と#1関根の3Pシュート、#22伊藤のミドルシュートで苦しみながらも加点する。東海大がこのクォーターだけで34-11と大量リードし、78-48で最終クォーターへ。


 第4クォーター、星槎道都大#22伊藤が早々に3Pシュートを決めると、直後のディフェンスではテイクチャージをし、反撃の狼煙を上げる。しかし東海大は#1元田と#35木下による3連続3Pシュートなどで、なんなくリードを広げる。最後まで星槎道都大は#22伊藤を中心に追いすがるが、東海大が#15島谷の得点で100点ゲームを演出する。101-66で東海大が2回戦進出を決めた。

津嶋 大悟